So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

パソコンスピードアップ!ハードディスクをSSDに替えて起動を高速にしましょう!

最近、パソコンのスピードが遅くなってきたと感じたことはないでしょうか。


そんな時は、ハードディスク(HDD)のランプがどのくらいついているか見てみましょう。


ハードディスクのランプがチカチカではなくずっと点灯しているようなら、ハードディスクがボトルネックになっている可能性があります。

特にWindowsの起動時やアプリの起動時に遅い場合は、ほぼ確実です。


されに、CPUは性能が高い(例えば、Core i3やCore i5)のに遅いと感じた場合は、ハードディスクが遅いのではないでしょうか。


そこで、ハードディスクをSSDに変えることにより、特にWindowsの起動時や、ExcelやWordの起動を高速にすることが出来ます。

SSDはたくさん種類が出ています。どれを選んだらいいのでしょうか。

ポイントは、下記の5点ではないでしょうか。

・金額が安いこと

・信頼できること

・データの移行ツールが無料で使えること

・現在使っているハードディスクの容量(全容量ではなく、使用容量)が保存できること

・ハードディスクのサイズ(ノートなら2.5インチ、デスクトップなら3.5インチが主流)


そこでおすすめなのが、ウエスタンデジタルのハードディスクです。

金額はAmazonで5千円前後、データ移行ツールが無料で使え、3時間程度で完了できます。


おすすめは、250GBのSSD。ほとんどの方は500GBや1TBあっても使ってないのではないでしょうか。




まずは、SSDを外付けディスクとして接続し、データ移行を行います。

USBでパソコンに接続するタイプがおすすめ。ドッキングステーションやHDDケースを使用します。

下記のようなドッキングステーションだと、ファミコンのカセットのように上から挿してUSBでパソコンと接続します。




外付けディスクとして接続できたら、データ移行を行います。

ウエスタンデジタルのSSDの場合は、「Acronis True Image WD Editionソフトウェア」が使えます。


画面の指示にそって、ほとんどはデフォルトの設定のままで操作が完了できると思います。


データ移行が完了したら、ハードディスクがある場所をネジを外して空けて、SSDに交換します。

Webで機種名と”SSD”をキーワードにして検索すると、外し方が検索できるでしょう。



デスクトップの場合は、ハードディスクのサイズが3.5インチの場合があります。

その場合は、下記のような変換ブラケットを使用するといいでしょう。



nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Surface Proの周辺機器おすすめセット [パソコンサポート]

Surface Proを会社で導入していて感想です。


Surface Proの256GB/Intel Core i5/8GB RAM モデルを使用しています。

ここに、Surface Pro タイプカバー(キーボード)を組み合わせます。
普通に使うには、これで十分です。


しかし使っていると、1つしかないUSBポートを増やしたい、大画面で作業したい、大画面で作業しようとしたら、キーボードやマウスが欲しくなって来る。などなど、やりたいことが増えてきます。

ということで、最低限の機能を機器を選んで見ました。

だいたい30台導入していますが、今のところ順調です。




nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

デミオでシガーソケットから電源供給しながらAUXに接続するとジーというノイズを改善 [その他]

問題

デミオ(DE5FS)でiPhoneの音楽を、シガーソケットから給電しながらBluetoothで飛ばしAUXに接続するという機器を使うととジーというノイズがあり、エンジンの回転数に応じてキュイーンというノイズが入る現象が起きて困っていました。


原因

オルタネータノイズと呼ばれるものらしく、グランドループノイズが発生しているようです。


対策

グランドループノイズをカットする機器を、Blutooth受信機とAUX端子の間に接続します。
下記の機器を購入し取り付けたところ、綺麗にノイズがなくなりました。




こんな感じで設置しました。
IMG_0125.jpg
音質は、少し中音域が大きくなったかなという感じ。
スピーカーが変わった程度と思えば、よほど音にこだわりが無いのであればかなりのプラスだと思います。


参考



nice!(1) 
共通テーマ:自動車

UNICODEの変換方法 [その他]

UNICODEの変換方法

\u30b7\u30b9\u30c6\u30e0\u6539\u8a02\u30fb\u52b9\u679c\u691c\u8a3c\u5f8c\u3001\u52b9\u679c\u691c\u8a3c\u7d50\u679c\u3092\u8a18\u5165\u3057\u307e\u3059\u3002

こんな文字は、UNICODE である。
\マークを%に置き換えて、デコードサイトでデコードしれば良い。
がめんどくさいため、Chromeを使う。

1.その他ツール→デベロッパーツール
2.Console タブを開く
3.下記の要領で貼り付け、エンターキーを押す
   Alert("[文字列]")
4.メッセージボックスにUNICODE文字が表示される


参考


Buffalo LInkstation LS-WV2.0TL/R1 ハードディスク交換 [HDD]

家庭で使用しているLinkstationから、以下の様なレポートメールが届きました。

DISKエラー通知

HDDでエラーが発生しました。
エラー発生ディスク:ディスク1

(sda) WRITE sector:14008328 count:1
ディスクへの書き込みエラーが発生しました。
エラーが発生した箇所を含むデータは復元できません。
すぐにディスクの交換をお勧めします。
 

毎日レポートメールを送信する設定をしていて、2年を過ぎたあたりでした。
RAID1(ミラーリング)で構成していて、更にリモートサーバーに毎日バックアップしていたため安心はしていましたが、どうなることかとヒヤヒヤです。
自動で電源が切れていたため、電源をつけなおしてみると、とりあえず片側だけで動きましたので、とりあえずこのまま2週間くらい使い続けました。
その間にHDDを2台購入しました。

スポンサードリンク

 

HDD到着後、以下を参考に交換しました。かなり詳細で助かりました。 
http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2013/05/buffalo-ls-wv20.html 

それから、1週間順調に動いてくれてます。
リモートサーバーによるバックアップも電気代がかかるので、安いHDDケースを購入し空きHDDを入れてバックアップをとるように企んでいます。
http://buffalo.jp/php/lqa.php?id=BUF16482

 
参考

http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2013/05/buffalo-ls-wv20.html


nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の5件 | -